中国のサービス活動が11月に上がった、Caixin Survey Shows

- Dec 08, 2017-

中国のサービス業の動きは11月に3ヶ月ぶりに速いペースで拡大し、製造部門の減速の中で景気の下支えを行ったとCaixinの調査が火曜日に示した。

Caixin China総合サービス事業活動指数は、先月10月の51.2から51.9に上昇し、2月の加速と8月以来の最高値を記録した。   それでも、11月の読書は、歴史的平均の54.6よりも依然としてかなり弱かった。

アクティビティの拡大に50ポイント以上の数字がありますが、それより下のものは収縮を示します。

サービス業の改善を背景に、製造業とサービス業をカバーするCaixin Chinaの複合生産指数は、10月の16ヶ月間の最低値51から51.6に回復した。

金曜日に発表されたCaixin China General Manufacturing Purchasing Managersの指数は、10月の51から11月に50.8に減少し、新規受注の伸びが鈍化した。企業の景況に対する自信は低く抑えられた。

Caixin Insight Groupの子会社であるCEBM Groupのマクロ経済分析担当ディレクター、Zhong Zhengsheng氏は、「11月のCaixin PMI指数は、経済が安定していることを示し、成長率が大幅に低下するリスクはない」と述べた。 "しかし、私たちは慎重でなければならない。なぜなら、継続的な価格上昇のために、来年の初めに経済がインフレ圧力を受けて上昇する可能性があるからだ」

インフレ圧力が高まる

中国のサービスプロバイダが受注した新規受注は、11月の3ヶ月で最も急速に上昇したが、多くの企業が新規顧客獲得と販促活動に売上を伸ばしていると回答した。

サービス需要の増加はサービス部門の雇用創出に寄与し、雇用サブインデックスは8月以降最高水準まで上昇しました。

インフレ圧力も拍車をかけている。サービスプロバイダーが直面している投入コストの増加は、5月以来最高であったが、下落指数は2015年7月以来最高だったが、11月の上昇ペースは依然として軽微であった。

金融、不動産サービス、マーケティング、輸送、小売業を含むサービス部門は、伝統的な重工業の製造と輸出からのシフトを反映して、中国経済にとってますます重要な部分となっています。

第3次産業としても知られており、2016年の経済成果の51.6%を占め、2015年の50.2%から増加し、国家統計局によると、国内総生産(GDP)の約60%に貢献する。 サービス部門は製造業よりも労働集約的であり、政策立案者はより多くの雇用を創出することを期待しています。


上一条:サービス分野は3年間で最速のペースで成長 次条:中国の製造業の伸びが減速する、Caixin PMI Survey Finds