サービス活動の拡大は依然として弱く、Caixin Survey Shows

- Nov 30, 2017 -

中国のサービス活動の拡大は10月に回復したものの、2年ぶりの低水準となり、世界第2位の経済の冷え込みのもう一つの兆候となった。

Caixin China General Servicesの事業活動指数は、先月51.2となり、2015年12月の50.2以来の最悪の数値であった9月の50.6から上昇しました。

2015年の終わり以来、10月の読書は2番目に遅い金額だった。 サービス部門の上昇にもかかわらず、製造業とサービスをカバーするCaixin Chinaの複合業績指数企業は、9月の51.4から、51.0 - 16か月間の最も弱い拡大に落ちたが、主に製造業者による生産の減速に襲われた、と調査が示した。 10月のCaixin中国の一般製造業購買担当者指数は、政府の環境政策がインフレを促進し、供給の遅れに寄与していることから、9月と変わらず51.0となった。 アウトプットのサブインデックスは4カ月ぶりに弱くなった。 Caixin Insight Groupの子会社であるCEBM Groupのマクロ経済分析担当ディレクター、Zhong Zhengsheng氏は、10月のCaixin PMIは第4四半期には経済が比較的弱い動きを示していると指摘した。 しかし、主要な下振れリスクが現れない限り、金融政策は緩和される見込みはない」と述べた。 中国の関係者は、スピードよりも品質を重視して、経済成長の優先順位をシフトさせることを示している。 この変化は、政府が緩慢な拡大に寛容になり、刺激に訴える可能性が低くなることを示している。

上一条:中国の製造業の伸びが減速する、Caixin PMI Survey Finds 次条:中国工場の活動を支える運動量、Caixin の調査によると