1月にサービスの成長が勃発

- Feb 25, 2018 -

Caixinの調査によると、中国のサービス活動の成長率は1月の7年間で最大となり、2018年の初めには世界第2位の経済が勢いを維持しているというさらなる兆候が見られた。

Caixin China General Servicesの事業活動指数は先月54.7に上昇し、12月の53.9から上昇した。 2010年10月以来の最高の読書であり、2012年5月の数字と一致しました.50を超える数字は活動の拡大を示し、下の数字は収縮を示します。

サービス部門の1月の上昇は主に顧客需要の増加により支えられ、新しいビジネスは32ヶ月で最も速いペースで成長しました。

サービス部門の堅調な拡大は、2010年以降の初の加速である6.9%の昨年の中国経済が、今年の成長の鈍化の懸念にもかかわらず、2018年に弾力的なスタートを切ったことを示しています。

Caixin Chinaの一般製造業購買担当者指数(PMI)は先月51.5となり、8月以来の最高値となった12月のそれと変わらない。

製造業とサービス業の強みは、メーカーとサービスプロバイダーの両方を対象としたCaixin China Composite Output Indexが、12月の53.0から、1月に53.7の最高7年にジャンプすることを支持した。

しかしCaixin Insight Groupの子会社であるCEBM Groupのマクロ経済分析担当ディレクター、Zhong Zhengshengは、製造品の需要の緩和とサービス会社の重くなるコスト上昇の兆候により下振れリスクが残っていることを示唆しました。

「今後、製造業の需要の安定と、サービスプロバイダーの収益性へのコスト上昇の影響を監視する必要があります。


上一条:NOMEX断熱紙の利点について 次条:断熱紙とは何ですか?